ブログ記事一覧

神戸市灘区六甲台町6-20 2F(阪急六甲徒歩15分/市バス36[神大正門前]徒歩3分)
cafe 10:00-18:00 night cafe 19:00-23:00

3/15(日)フラワーアレンジメント教室を行います!

2020-02-23 [記事URL]

まだまだ寒い日が続きますね。いかがお過ごしでしょうか。
さて、3月はお別れの季節。
新しい出会いに向けて、今までお世話になってきた方々にありがとうを伝える良い季節です。
素敵なフラワーとともに感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

3/15(日)の13時からinkでフラワーアレンジメントのイベントを行います。

もしお時間がありましたら、素敵なプレゼントを一緒に作りましょう。

イベント詳細
日時:3月15日(日)13時〜17時
参加費:2000円+ドリンク代
持ち物:キッチンばさみ、カッター、新聞紙、完成したアレンジメントを持ち帰るための紙袋 (ラッピング用の袋はご用意しております)


inkで聴きたい曲3選

2020-02-23 [記事URL]

こんにちは😀
スタッフのかれんです。

本日は、inkで聴きたい曲3選と題しまして、私が思うinkで過ごす時間にピッタリな曲をご紹介いたします☺️

完全に私の主観で選ばせていただいたので、へーそうなんだ。と思って聞いていただけると幸いです。

まず一曲目。
Bruno Mars-「The lazy song」

題名から分かるように、今日はだらだらするぞという曲です。
曲中では、ストレートに「今日はやる気がない」という表現が続きます(笑)

みなさんも、たまには自分を思いっきり甘やかして、だらだらしたいっていう日がありませんか?
何にも予定がない日に、こんな曲を聴いてぼけっとinkでlazy dayを過ごすのも、ありなのではないでしょうか☺️

静かに陽の光が射し込むinkは、まったりするのにぴったりですよ☺️

続いて2曲目。
Jason Mraz-「I’m Yours」

親しみやすいリラックスしたメロディーとウクレレのサウンズで、まるで南国にいるかのような気分になる曲です。

ラブソングですが、優しさに溢れている歌詞でほっこりした気持ちになります。
自分を大きく見せようとはせず、ありのままの自分であることが、素晴らしい生き方なのだよということを言っている曲だと思います。

最後にもう一曲。
Pharrell Williams-「happy」

とにかくハッピーな曲です。
歌詞、メロディー、演出全てから、ひたすらハッピーが伝わってくる曲です。

一日のはじまりにコーヒーを片手にこの曲に乗って、ハッピーな一日を過ごしたいですね。
思わず踊りだしたくなってしまうような曲です!

以上、わたしの主観でご紹介したいinkで聴きたい曲3選でした😎🎵

是非、スタッフにリクエストしてみてください!


Welcome to “Table Talk”

2020-01-27 [記事URL]

こんにちは、スタッフのさっしゅ〜です。

僕にとって今年で4度目の神戸の冬が訪れたわけですが、未だにここの寒さに慣れることはなく、冬が来るといつも遠い南の故郷を思い出してしまいます。

みなさんはどのようにして冬の時期をお過ごしでしょうか?
ストーブで温まった部屋で読書をしたり、あつあつのココアを飲んでひと息ついたり……。
この時期ならではの楽しみ方がたくさんありますよね。

さて、今回は寒い冬だからこそ味が出る短歌に合わせて
「ink流 冬の過ごし方」をみなさんにご紹介したいと思います。

『「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ』
『サラダ記念日』(俵万智)

寒い時こそ「誰か」と同じ気持ちを共有したり、何気ない話で笑いあったり。
そんな些細な「会話」を通じて心も、体もポカポカしてくる。
そうです、「「誰か」と「会話」を楽しむこと」これがink流の冬の楽しみ方なのです。

そこで当店でこんなものを用意しました。

これはイギリスのブライトン(Brighton)のカフェで行われている
”Table Talk”という取り組みを参考に当店スタッフが作成したポップです。

このポップが置かれているテーブルは、ink books and coffeeに足を運ばれたお客様と他のお客様とが交流できるスペースとなっています。
「こんにちは、何を読まれているんですか?」「最近こんなことがあって…」
些細な会話から趣味の話まで、誰とでも会話ができるそんなスペースです。

コーヒー飲み終えてひと息した後、本を読み終えた後、学校の課題を終えた後、寒い日頑張った後…。
どんな時、どんなタイミングでも大丈夫です、ふらっと立ち寄ってみてください。

きっとinkが、あなたの何気ない一日にほんの少しでも温もりを与えてくれる場所になるでしょう。


Ink bartime の魅力

2020-01-16 [記事URL]

こんにちは。
スタッフのかれんです。

皆さま、Inkではコーヒーや紅茶だけでなく、お酒もお楽しみいただけることをご存知でしょうか。
当店は、金土日の18:30-23:00に限り、bartimeを設けており、海外のビールやウイスキーをご注文いただけます!

今回は、当店で取り扱っておりますウイスキーをご紹介致します(ᵔᴥᵔ)

こちらはグレンフィデック。
世界で最も売れているシングルモルトウイスキーです。
万人受けする軽い飲み口で、上品な甘みとフルーティーな香り特徴で、さわやかな味わいです。
ウイスキー初心者の方におすすめの一杯です🙂

こちらはマッカラン。
こちらも、グレンフィデックと同様にシングルモルトのスコッチウイスキーです。
上品な甘さとまろやかさ、華やかな香りが特徴で、クセがなく飲みやすいです。

こちらはボウモア。
ボウモアは、アイラ島に蒸留所を置く伝統あるシングルモルトウイスキーです。
特徴は、アイラモルトならではのピーティかつスモーキーな香り。そして蜜のような甘みを併せ持っていることです。
(※ピーティとは、ピート(泥炭)に由来する独特の薬品系の味わいのことです。)

こちらはワイルドターキー。
濃いバニラのような香りが特徴的なバーボンウイスキーです。
度数が50%と、他のウイスキーに比較し高めで、重厚でスパイシーな味わいをお楽しみいただけます。

こちらはヘネシーvsop。
ヘネシーはブランデーで、まろやかで芳醇な味がします。
雑味がなくクリアな味わいです。

以上の5種類に加え、馴染みが深いブラックニッカも取り扱っており、
全てのウイスキーは、プラス100円でハイボールにて提供させていただくことも可能です。

お酒が好きな方、ウイスキーにチャレンジしてみたい方、是非この機会にご来店ください☺️


年末年始のお休みについて

2019-12-26 [記事URL]

いつもinkをご利用いただきありがとうございます。

2019年の営業は12月27日までとなっております。

2020年の営業は1月5日からです。

来年もinkをよろしくお願いいたします。


イラスト紹介🎨 vol.1

2019-10-29 [記事URL]

当店にご来店されたお客様によるイラストを掲載させていただきます。

どなたでも雑記帳への書き込みができます。

万年筆を手にとってお客様の足跡を素敵な空間に残してみませんか?


本紹介「平凡」

2019-10-28 [記事URL]

こんにちは!そして、はじめまして。

スタッフの春子です。

テツさんに引き続き、私も本の紹介をさせていただきます。

「平凡」角田光代

6人の「もし」を描いた作品です。

みなさんは、後悔していること、ありますか?
私は、たっくさんあります!!!

あの時こうしてたら… 。
あんな事いわなければ…。

思い当たる節が人それぞれにあるんじゃないかなぁ、と
私は思います。

どうしても、選ばなかった未来が
美しく見えて、羨んでしまう。
人と比べてしまって、悲しくなって
そんな自分が情けなくなる。

でも、この「平凡」は、
そんなモヤモヤした気持ちを
あたたかく抱きしめてくれるような
そんな本でした。

毎日の何気ない選択が自分の道になっていく。
だからこそ、ひとつひとつを大切にしたいし、
でも、どの選択も 正しい/正しくない なんてないんだ。

と思いました。

自分の選んだ道で出会った感情を
しっかりと噛み締めて味わうことが、
豊かな人になる第一歩なのかな〜と。

今日も、自分のペースで
目一杯生きてやりましょう!
素敵な一日になりますように。

「平凡」
気になった方は是非、
読書の秋にいかがでしょうか。

最後まで読んでくださって
ありがとうございました。☺︎


カフェラテのおはなし

2019-10-17 [記事URL]

こんにちは、スタッフの石田です。

突然ですが、皆さんはカフェラテとカフェオレの違いがわかりますか?

どちらもコーヒーと牛乳を混ぜたものなんですが、
カフェ・オ・レはフランス語で、牛乳と混ぜるのはドリップコーヒー。
カフェ・ラテはイタリア語で、牛乳と混ぜるのはエスプレッソ。エスプレッソはコーヒーの抽出方法で、高圧力をかけて短時間で濃いコーヒーをだすことを指しています。

ちなみに、オレのミルクはコーヒーと1対1くらい。
ラテはミルクとエスプレッソが8対2くらいです。
エスプレッソが濃いので、味としてはラテの方が苦いです。

一応、適している豆とかも違うのですが、ザクッとした違いはこんな感じです。

ついでについでに話すと、
カフェラテとカプチーノは入っているミルクの泡の量が違います。
カプチーノの方があわ立てたミルクが多めに入っています。
また日本でのラテアートはカフェラテにすることが多いですが、ラテアートはもともとカプチーノにするのが主流です。

明日からうんちくとして使ってみてください。inkに来てくださる方はご存知かもしれませんが笑

ink books & coffeeでご提供しているのは、カフェ・ラテです。
inkのブレンドコーヒーをはじめとしたコーヒー類は六伽さんのコーヒー豆を使用しています。
スタッフだからとか関係なく、私は素直に美味しいと思ってるので一度飲みに来てください!
シロップや砂糖を入れて甘めに飲んでもキリッとした深い味わいが感じられると思います。

ドリンクに関するお話をしたことがなかったのと、私がラテアートを勉強しているので話しやすいカフェラテからお話しました。
inkにお越しの際は、コーヒーやラテについて私とお話しましょう!

それではinkでお待ちしています。

石田


●イベント情報● エスニックデイ

2019-10-06 [記事URL]

こんにちは、スタッフの石田です。

今年の夏、みなさんはどこか旅行に出かけられましたか?
私は台北に行ってきました。
台北に行くのは3回目ですが、何度行っても料理の美味しさやその安さに驚きます。
ちょっと変わった味がする台湾料理めちゃくちゃ好きなんです。

旅先で出会える料理って魅力的ですよね。

最近は台湾を初めとするアジアへの旅行が大学生に人気な気がします。
旅行には行っても、アジアの独特な料理、いわゆるエスニック(=民族的な)料理が苦手な人や、食べたことのない人もいるのではないでしょうか。

よければ、inkでエスニック料理に触れてみませんか?

inkは今週末の土曜日(10/12)と日曜日 (10/13)にエスニック料理を出すイベントを行います。

時間は10:00~18:00までで、ランチセットスイーツドリンクを提供させていただきます。

内容としては、
・ルーロー飯と中国茶のランチセット(15食限定)
・中国茶(hot)
・チェー(=ベトナム式ぜんざい)
・チャイ(hot/ice)
をご用意しています。


(写真はルーロー飯です)

もちろんinkのいつものフードやドリンクもありますので、ぜひごゆっくりお楽しみください。
また両日ともエスニック料理の提供は18時までですが、日曜のみ23:00まで夜カフェ&バー営業をおこなっております。

エスニックに触れたことのない人も、また苦手な人にも食べやすいフードやスイーツをセレクトしたのと、

家でも作れるようにランチにはレシピを付けています。

このイベントがinkにきていただくきっかけになるのも嬉しいですし、エスニックに興味をもってもらえたらもっと嬉しいです!

ぜひ、一度足を運びに来てください。

*当日は担当スタッフ1人(調理・接客)になるので、お時間に余裕をもってご来店ください。


本紹介「思わず考えちゃう」

2019-09-28 [記事URL]

始めまして、スタッフのテツです。
せっかくのブログなので、inkにおいてある本の紹介を不定期ながらに紹介していきたいと思います。

今回紹介する本は「思わず考えちゃう」です。

思わず考えちゃう」は、絵本作家であるヨシタケシンスケさんが書いた「スケッチ解説エッセイ」です。
ヨシタケシンスケさんは今話題の絵本作家さんで、最近阪急電車に乗っていると、「ころべばいいのに」という絵本の広告を見かけます。

そもそも「スケッチ解説エッセイ」って?と思われるでしょう。
ヨシタケさんは、普段持ち歩くスケジュール帳のメモ部分に、スケッチを習慣的に描いています。
何気なく思わず描いてしまったスケッチが、絵本や講演会のネタになることもあるみたいです。
この本はそのスケッチたちを解説するエッセイ本、そう思ってください。

何気なく描いたものだからこそ、作者は気軽に書いたのでしょう。
だからこそ珈琲片手に読める本として最適でもあり魅力的でもあります。
一つのスケッチに対して短い文章で彼らしい軽妙かつ愛らしい解説があります。
だけれどうろ覚えなのかラフに書いているからなのか、解説しきれていないかんじ。
いつの間にかその「素朴さ」に惹かれて、私たちも思わず考えちゃう、そんな気がしています。

絵本もそうですが、大人であるからこそ彼の本は手にとってもらいたいです。
この本にも絵本にも流れる彼の素朴な想い、それが「大人」になってしまった私を一瞬でも「子ども」に引き戻してくれる。
私は彼の本にそんな想いをいつも抱いています。

拙い文章でこの本の魅力を全く伝えることが出来ていないことが残念ですが、少しでも興味を持ったならば気軽に手にとってください。
それではまた。



神戸市灘区六甲台町6-20

〒658-0013 神戸市灘区六甲台町6-20 2F
阪急六甲徒歩15分/市バス36[神大正門前]徒歩3分
駐車場のご案内営業時間メニュー貸切料金について

PAGE TOP



ink BOOKS & COFFEE 本と珈琲のお店
せわしない日常に、ゆっくりとしたひと時を。

〒658-0013 神戸市灘区六甲台町6-20 2F
阪急六甲徒歩15分/市バス36[神大正門前]徒歩3分

cafe 10:00-18:00 (l.o 17:30) 不定休

night cafe 19:00-23:00(l.o 22:30)
金.土.日.祝日の前日.祝日 不定休




MENU

CONTACT
HOME